UA-180752960-1

【#リモラブ~普通の恋は邪道】第3話ネタバレ感想! 美々と我孫子の対比など

五文字クンがキュルキュルしててかわいい!

もう5文字クンでいいんじゃないのでしょうか~って思ったくらい、かわいかったですよね!

でも、現実の恋はちょっと疲れるよね。アラカン女子にも思い当たる節はありますよ。

変な女「美々」普通の女の子「我孫子」という対比かと思ったら違っていましたね。思わぬ展開にビックリです。

いろいろと驚きの連続だった#リモラブ第3話ネタバレ感想です~

久しぶりのデートは疲れるよね

わかる!

美々さん、デートの準備をすごく頑張って、当日も一生懸命楽しくふるまっていましたよね。

イルカのカチューシャまでして・・・

疲れるよね~わかる。

デートのプラン立てて、水族館までの道案内もして、疲れちゃうよねぇ。

五文字クンはかわいいし、ニコニコしてついてきてくれるけど

リードしてくれない感じだったし、美々さん疲れちゃったよねぇ。

アラカンの私も、実は今年初めに、私がプラン立てて運転して、っていうデートをしたんだけど、めちゃくちゃ疲れました

疲れすぎて相手のことがちょっと嫌いになってしまった。ダメな私ですよ。

遠距離なので、いつもは私があちらに行って、全てお任せしていたのに慣れっこだったので、お任せされちゃったことに疲れてしまったの。

若い頃みたいに「好きで好きでたまらない」っていう感情が薄れてしまって、「好き」よりも「めんどくさい」が先に立ってしまうのよねぇ・・・。

それとも・・・もともとあんまり好きじゃなかったのかな・・・なんて不穏な事も考えてしまう始末。

なので、五文字クンとの初デートや、おうちでのダブルデートに浸かれてしまった美々さんの気持ちが痛いほどわかってしまったのです。

嘘から始まった恋愛は続くのかな

五文字クン、自分が檸檬だって嘘ついてさー。それはやっぱりよくないよ。

本物の檸檬である青林クンから託されたとかならまだしも。

すぐにバレちゃうような嘘ついて・・・

3話の最後のほうで、美々さんと五文字クンが良い感じになって、マスク越しのキスなんて展開になりそうだったんだけど

それを遮ったのが本物の檸檬からのメール

五文字クンが檸檬の偽物だと知ったら、美々はどう思うだろうか。

五文字クンのことが好きになっていたら、もしかしたら「そんなにしてまで私の事を!?かわいいなぁコノヤロー!」ってことになるかもしれないけど

やっぱり、「どうして嘘ついた?」「だまされた」「気持ち悪い」などの負の感情が持ち上がってくるのではないでしょうか。

五文字クン、かわいいのに。性格も良さそうだし・・・あ、でも嘘がなぁ。やっぱ嘘から始まる恋愛は続かないでしょうね。

痛々しくて見てられない

様々なことに一喜一憂する美々さんのこと、とても共感できるんだけど、共感できすぎるのが問題なのかどうかわからないのですが、どうしても、どうしても、正視できないの。

言動が痛々しすぎる・・・見てて辛い

職場のテラスでムーンウォークとか・・・なんじゃあれは・・・。

コミカルさを出したいのでしょうが、コミカルに見えないの。

一緒に見ている母(80歳)は、ぎゃははは、と笑いながら観ているんだけどね。

私もあんな風に、痛々しく見えているのかしら。

かわいそうに、って思われているのかしら。

被害妄想がムクムクと頭を持ち上げるのですよー。

美々さんの対比として描かれている我孫子ちゃん

かわいいふんわり女子代表我孫子ちゃん

青林がSNSで草モチとメッセージのやり取りをしていたことに嫉妬するなんて、かわいいけど、よくいるタイプの女の子なのねぇ、と思っていました。

微笑ましく観ていたアラカン女子はビックリしちゃったわよ。

我孫子ちゃんにはカラダだけの関係を持つ男性がいるのねぇ。

しかも、悪びれもせず、かなりオープン

どんなお相手なのか、とても気になります。

青林クンが受けたショックを、まるで理解していない我孫子ちゃん。

え?子どもの頃外国で暮らしてたからって、そういう感じなんですかー?

最初は、美々さんが変わり者で、我孫子ちゃんが普通の女子、という対比だと思っていたけれど、ところがどっこい、ってやつよ!

美々さんが普通の女で、我孫子ちゃんが変わった女、という事だったのねぇ~

青林クンは、我孫子ちゃんの価値観にはついていけないでしょう。

そして、草モチである美々さんの普通の感覚に安心し、惹かれていく、という展開になりそうな予感ですね~。

第3話感想まとめ

五文字クンはかわいいけど、嘘から始まる恋愛は無いよ!

美々さんは痛々しいけど、普通の女性なんですよね。

我孫子ちゃんのぶっ飛びぶりに、アラカン女子は度肝ぬかれましたわ~。

みんな幸せにな~れ~!第4話が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です